台所の水のトラブルと修理

台所は毎日使うため、普通に使っているだけでも水のトラブルが起きやすい場所と言えます。水のつまりやキッチン周りの水道修理などが必要になる場合も少なくありません。さらには、流し台やキッチン交換工事が必要になる場合もあります。トイレの交換同様にそれぞれの水のトラブルに対して、どれぐらいの修理費用がかかるのかを知っておくと、いざというときに戸惑うことは少なくなるでしょう。

■パッキンの取り換えだけで済む場合

台所の水のトラブルがパッキンの取り換えだけで済む場合、1カ所あたり3000円ほどの費用となり、あまり大きな経済的な負担とはなりません。これがシングルレバー混合栓のOリングの交換となった場合は8000円以上の費用が必要です。シングルレバー混合栓のカートリッジ部品交換となると14000円以上の出費となります。キッチンの排水管内部でのつまりはさらに費用が高くなる場合が多いです。

■まずは見積もり依頼をする

一口に台所の水のトラブルといっても、どういった内容かによって費用は大きく異なるものです。自分で対応できるものもあれば、確実に水道工事業者に依頼しないといけない場合もあります。まずは見積もり依頼をし、どれぐらいの費用になるかを把握しておいた方がよいでしょう。予想以上に高額な費用の場合はクレジットカードが使えるかどうかも重要になるはずです。

■まとめ
台所の水のトラブルは普通に使っていても起こりえるものです。肝心となるのは内容によって大きくかかる費用が異なる点であり、見積もり依頼をして事前にかかる費用を把握しておいた方がよいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ